加工と素材

てふ の商品は

ひとつひとつ手作りです。

長い時を経て

海で形成された貝と

大地ではぐくまれた水牛の角を

使っています。

天然素材の神秘的な

造形の美を日常に

小さな贅沢の品々です。

 

製造工程 貝切削.jpg

 

製造工程 黒檀カット.jpg

 

てふの素材

白貝

淡水の二枚貝で、白磁のような澄んだ質感と絹糸状の光沢をあわせ持つ素材です。

白貝.jpg

薄紅貝

ファンデーションのような色合いと優しい真珠光沢を持ち、淡水真珠の母貝としても使われます。

薄紅貝.jpg

黒蝶貝

黒真珠の母貝です。周縁部は孔雀の羽のような黒緑色と虹色光沢が混ざり合い、奥深い色艶があります。

黒蝶貝.jpg

白蝶貝

南洋真珠の母貝です。10万種以上存在する貝の中で最も強く煌びやかに輝く貝だと言われています。

白蝶貝.jpg

夜光貝

巻き貝としては最大のサイズで真珠層は肉厚。織部のような深緑とシャンパンカラーが交錯します。

夜光貝.jpg

南洋鮑貝

南洋海域の鮑貝は原色が渦巻くような強烈な配色で、螺鈿の材料としてもよく利用されます。

南洋鮑貝.jpg

水牛角

水牛類の角です。私たちは製品に応じて黒、まだら、飴色、と3つの色目に使い分けています。

水牛角.jpg